低血圧を改善する治療法|原因から考えることが必要

婦人

朝がつらいと思ったら

ドラッグ

低血圧とは体内の血流が弱いという状態をさし、朝がつらい、だるい、疲れやすいなどの症状がでることもある。病気ではないため治療方法などは特にないが、症状がつらいときは生活の改善やサプリメントなどを利用するとよい。起立性、二次性、本態性の三種類にわけられる。

読んでみよう

オススメリンク

  • 「カルピス」由来健康情報室

    腸内フローラを積極的に摂取するとお腹の調子を整えておくことができます。サプリで簡単に摂取ができるので試してみませんか。
  • マイナビウーマン

    エクオールの力で女性ホルモンの乱れを軽減することができるでしょう。ポジティブな生活がしたい人にはオススメですよ!
  • NITTA Biolab

    コラーゲンを肌に送り込むと、乾燥していた肌表面が潤っていきますよ。プルプル肌に変化するので嬉しいですね。
  • スピルリナ研究ラボ

    お通じの改善に効果があると話題になっています。スピルリナやミドリムシが配合されたサプリはこちらなので飲み始めてみませんか。

血圧が低い場合は

ランニング

セルフケアで

低血圧は病院での治療となると薬物治療が一般的ですが、それでも効果が得られなかったり、不快な症状を軽減させるのみで、これといった治療が実施されないケースもよくあります。そんな低血圧ですが、日常生活の工夫というセルフケアでも、予防や改善が可能です。まず食事に関してはバランスの良い食事が基本で、とくにたんぱく質やミネラル、ビタミンなどを豊富に摂取しましょう。また塩分や水分をやや通常より多めに摂取することをおすすめします。そして冷たいものや甘いものなどの控え、飲み物は温かいものにするようにして、食事制限で食べないダイエットなども控えてください。あとは運動も大切で、腹筋やスクワットなどの筋トレやウォーキングなどを実施し、さらにたっぷりの睡眠やゆったりした入浴、ストレスを溜めないといったことも大事です。そしてこれらを実行すれば、低血圧に限らず他の病気予防や不調の原因などを取り除くことも可能で、楽しくはつらつとした日常を過ごすことができます。

症状と種類

低血圧にも種類があり、原因不明で生まれつきや遺伝なども関係している本態性や、急な動作が原因の起立性、他の病気が原因で発症するために、原因がはっきしりしている二次性などがあります。中でも一般的に低血圧と呼ばれているのは本態性であり、その症状として頭痛やめまい、立ちくらみや失神、肩こりや不眠、疲労や倦怠感、食欲不振や冷え性など、実にさまざまな症状が出ます。またこれらの症状は自律神経失調症や軽度のうつ病、貧血などにも共通しているため、それらと勘違いされるケースもあります。ちなみに起立性の場合は普段は低血圧でないのに急激な動作の直後のみ血圧が下がるという特徴があり、暑さに弱かったり気を失いやすく、下痢になりやすいという特徴もあります。

血圧が低い状態とは

栄養補助食品

低血圧には大きく分けて、起立性・本態性・二次性の3種類があります。3つの内、起立性・本態性低血圧は適度な運動による筋肉量の増加や血液循環機能の向上、食生活への配慮、十分な水分補給などによって少しずつ改善していくことができます。

読んでみよう

健康のために

男女

低血圧には、過度なダイエットが原因となる場合があります。栄養をしっかり摂らず、体に負担をかけている若い世代、若い女性に多いと思います。また、低血圧は毎日の食事で予防することができ、しっかり食事やサプリメントから栄養素を摂ることで、自分の健康や美容にもつながるのです。

読んでみよう